宿泊約款・利用規則

ご予約前に必ずお読みください。

宿泊約款

第1条(適用範囲)

当コテージが宿泊客との間で締結する宿泊契約及びこれに関連する契約は、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定めのない事項については、法令又は一般に確立された慣習によるものとします。

2.当コテージが、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、前項の規定に関わらず、その特約が優先するものとします。

第2条(宿泊契約の申込み)

当コテージに宿泊契約の申込みをしようとする者は、次の事項を当コテージに申し出ていただきます。

  1. 宿泊者の氏名、連絡先、利用人数
  2. 宿泊日及び到着予定時刻
  3. その他当コテージが必要と認める事項

2.宿泊客が宿泊中に前項第2号の宿泊日を越えて宿泊の継続を申し入れた場合、当コテージは、その申し出がなされた時点で、新たな宿泊契約の申込みがあったものとして処理します。

第3条(宿泊契約の成立等)

宿泊契約は、当コテージが前条の申込みを承諾した時に成立するものとします。ただし、当コテージが承諾をしなかったことを証明した時は、この限りではありません。

2.前項の規定により宿泊契約が成立したとき、必要に応じて当コテージが定める申込金を指定する日までにお支払いいただく場合があります。

第4条(宿泊契約締結の拒否)

当コテージは、次に揚げる場合において、宿泊契約の締結に応じない場合があります。

  1. 宿泊の申し込みがこの約款によらないものであるとき。
  2. 満室(員)により客室の余裕がないとき。
  3. 宿泊しようとする者が宿泊に関し、法令の規定又は公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき。
  4. 宿泊しようとする者が暴力団、暴力団員、暴力団関係団体又は関係者、その他反社会的勢力であるとき。
  5. 宿泊しようとする者が暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人、その他の団体であるとき。
  6. 宿泊しようとする者が法人でその役員のうちに暴力団に該当する者があるとき。
  7. 宿泊に関し、暴力的要求(威圧的言動含む)行為が行われ、又は合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
  8. 宿泊しようとする者が伝染病者であると明らかに認められるとき。
  9. 天災、施設の故障その他やむを得ない理由により宿泊させることが出来ないとき。
  10. 宿泊客が泥酔者等で当コテージの運営を阻害するおそれがあるとき、又は他の宿泊者もしくは当コテージの従業員に対し、迷惑を及ぼす言動をしたとき。
  11. 宿泊しようとする者が危険物、禁制品等、他のお客様に迷惑となる物の持込み又は使用しようとするとき。
  12. 都道府県条例及び深浦町暴力団排除条例に規定される場合に該当するとき。

第5条(宿泊客の契約解除権)

宿泊客は、当コテージに申し出て、宿泊契約を解除することができます。

2.宿泊客が前項により宿泊契約の全部又は一部を解除した場合、違約金申受け規定により違約金を申し受けます。

3.宿泊客が連絡をしないで宿泊日当日の到着予定時刻になっても到着しないときは、当コテージは、その宿泊契約は宿泊客により解除されたものとして処理することができるものとします。

【違約金申受け規定】

  1. 宿泊日の7日前から宿泊日の2日前までに解除した場合、宿泊料金の30%
  2. 宿泊日の前日に解除した場合、宿泊料金の50%
  3. 連絡なしの不泊、又は宿泊日当日に解除した場合、宿泊料金の100%

第6条(当コテージの契約解除権)

当コテージは、次に揚げる場合においては、宿泊契約を解除することがあります。

  1. 宿泊客が宿泊に関し、法令の規定又は公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき、又は同行為をしたと認められるとき。
  2. 宿泊客が暴力団、暴力団員、暴力団関係団体又は関係者、その他反社会的勢力であるとき。
  3. 宿泊客が暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人、その他の団体であるとき。
  4. 宿泊客が法人でその役員のうちに暴力団に該当する者があるとき。
  5. 宿泊に関し、暴力的要求(威圧的言動含む)行為が行われ、又は合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
  6. 宿泊客が伝染病者であると明らかに認められるとき。
  7. 天災、施設の故障その他やむを得ない理由により宿泊させることが出来ないとき。
  8. 宿泊客が泥酔者等で当コテージの運営を阻害するおそれがあるとき、又は他の宿泊者もしくは当コテージの従業員に対し、迷惑を及ぼす言動をしたとき。
  9. 宿泊客が危険物、禁制品等、他のお客様に迷惑となる物の持込み又は使用しようとするとき。
  10. 都道府県条例及び深浦町暴力団排除条例に規定される場合に該当するとき。
  11. 客室での寝タバコ、消防用設備等に対するいたずら等、火災予防・防火に支障を及ぼす行為をしたとき。
  12. この約款又は当コテージの利用規則に違反したとき。

第7条(宿泊の登録)

宿泊客は、旅館業法第6条、同法施行規則第4条の2及び当コテージの所在する都道府県の定める条例に基づき、宿泊日当日、当コテージのフロントにおいて、次の事項を登録していただきます。

  1. 宿泊客の氏名、年令、住所、性別、利用人数
  2. 外国人にあっては、国籍、旅券番号、入国地及び入国年月日(確認のため、パスポート又は在留カードのコピーをとらせていただきます)
  3. 出発日及び出発予定時刻
  4. その他当コテージが必要と認める事項

第8条(客室の使用時間)

宿泊客が当コテージの客室を使用できる時間は、午後3時から翌朝10時までとします。ただし、連続して宿泊する場合においては、到着日及び出発日を除き、終日使用することができます。

2.当コテージは、前項の規定にかかわらず、同項に定める時間外の客室の使用に応じることがあります。この場合にはコテージ1棟あたり1時間につき税別1,000円の追加料金を申し受けます。

第9条(利用規則の遵守)

宿泊客は、当コテージにおいては、当コテージが定めた利用規則に従っていただきます。

第10条(営業時間)

当コテージと付随する各施設等の営業時間は、備付けパンフレット、各所の掲示、客室内のインフォメーション等でご案内いたします。

2.前項の施設等の営業時間は、必要やむを得ない場合には臨時に変更することがあります。その場合には適宜お知らせいたします。

第11条(料金の支払い)

宿泊客が支払うべき宿泊料金は、室料と飲食料、その他利用料金、消費税、入湯税の合計となります。

2.前項の宿泊料金等の支払いは、日本円又は当コテージが認めた旅行小切手、宿泊券、クレジットカード等、これに代わり得る方法により、チェックインの際にフロントにて行っていただきます。ただし、チェックイン後に施設利用料等による料金が発生した場合は、チェックアウトの際に精算していただきます。

3.当コテージが宿泊客に客室を提供し、使用が可能になったのち、宿泊客が任意に宿泊しなかった場合においても宿泊料金は申し受けます。

第12条(当コテージの責任)

当コテージは、宿泊契約及びこれに関連する契約の履行に当たり、又はそれらの不履行により宿泊客に損害を与えたときは、その損害を賠償します。ただし、それが当コテージの責めに帰すべき事由によるものでないときは、この限りではありません。

2.当コテージは、万一の火災等に対処するため、旅館賠償責任保険に加入しております。

第13条(契約した客室が提供できないときの取扱い)

当コテージは、宿泊客に契約した客室を提供できないときは、可能な限り同一の条件による他の宿泊施設をあっ旋するものとします。

2.当コテージは、前項の規定にかかわらず他の宿泊施設のあっ旋ができないときは、違約金相当額の補償料を宿泊客に支払い、その補償料は損害賠償額に充当します。ただし、客室が提供できないことについて、当コテージの責めに帰すべき事由がないときは、補償料を支払いません。

第14条(寄託物等の取扱い)

宿泊客がフロントにお預けになった物品又は現金並びに貴重品について、滅失、毀損等の損害が生じたときは、それが不可抗力である場合を除き、当コテージはその損害を賠償します。ただし、お客様からあらかじめ種類及び価額の明告のなかったものについては、当コテージに故意又は重過失のある場合を除き、5万円を限度としてその損害を賠償します。

2.宿泊客が、当コテージ内にお持込になった物品又は現金並びに、貴重品について、フロントにお預けにならなかったものに関しては当コテージの故意又は重大な過失がない限り、滅失、毀損等の損害が生じても当コテージは責任を負いかねます。

第15条(宿泊客の手荷物又は携帯品の保管)

宿泊客の手荷物が、宿泊に先立って当コテージに到着した場合は、その到着前に当コテージに連絡があり、これを了解したときに限り、保管するものとします。

2.宿泊客がチェックアウトしたのち、宿泊客の手荷物又は携帯品が当コテージに置き忘れられていた場合は、発見日を含めて7日間当コテージにて保管するものといたします。その間に所有者の指示がない場合又は所有者が判明しないときは、貴重品については最寄りの警察署へ届け、その他の物品については処分させていただきます。また、飲食物や雑誌並びにその他の廃棄物に類するものについては即日処分とさせていただきます。

第16条(駐車の責任)

宿泊客が当コテージの駐車場をご利用になる場合、当コテージは駐車場をお貸しするものであって、車両の管理責任まで負うものではありません。ただし、駐車場の管理に当たり、当コテージ故意又は過失によって損害を与えたときは、その賠償の責めに任じます。

第17条(宿泊客の責任)

宿泊客の故意又は過失により当コテージが損害を被ったときは、当該宿泊客は当コテージに対し、その損害を賠償していただきます。

利用規則

コテージの公共性とお客様に安全かつ快適にご滞在いただくため、宿泊約款第9条に基づき、次の通り利用規則を定めておりますのでお守りいただきますようお願い申し上げます。
この規則をお守りいただけない時は、やむをえず、ご宿泊またはウェスパ椿山諸施設のご利用をお断り申し上げ、かつ責任をおとりいただくこともございます。

火災予防上お守りいただきたい事項

  1. 暖房用、炊事用などの器具は、コテージ備品以外のものを使用しないでください。
  2. ベッドでのお煙草は特に危険です。また、火災の原因となりやすい場所での喫煙はしないでください。
  3. コテージ内では花火、線香、ローソク等、火災の原因となるような物品を使用しないでください。

保安上お守りいただきたい事項

  1. ご滞在中、コテージから出られるときは施錠をご確認ください。
  2. ご在室中や特にご就寝のときは、ドアの内鍵と窓の施錠をご確認ください。
  3. 来訪者があったときは、不用意に開扉なさらずに、万一、不審者と思われる場合は、直ちにフロント内線200へご連絡ください。
  4. ご来訪客とコテージ内での面会はご遠慮ください。

貴重品のお取り扱いについて

  1. 現金、貴重品の保管は、コテージ内に備えつけの金庫をご利用ください。

駐車場について

  1. コテージおよび敷地内の駐車場は無料ですが、事故等についてはお客様の責任においてご利用ください。
  2. 芝生や路上等、駐車場以外への駐車はしないでください。車の台数が多い場合は、共有の駐車場をご利用ください。

バーベキューや花火等について

  1. 打ち上げ花火や音の出る花火はできません。(手持ち花火と噴射花火は可)
  2. コテージ内の備品を屋外で使用することはできません。バーベキュー用のテーブルやイスなどは別途ご用意いただくか、貸し出し品をご利用ください。
  3. バーベキューや花火等は21:00までに終了し、大声で騒いだり他のお客様に迷惑がかかるような行動はしないでください。
  4. 消火についてはお客様の責任において、確実におこなってください。

おやめいただきたい行為

  1. コテージ内に他のお客さまの迷惑になるようなものを持ち込まないでください。
    1. 犬、猫、小鳥、その他の動物ペット類全般。(車中泊も不可)
    2. 発火または引火しやすい火薬や揮発油類および危険性のある製品。
    3. 悪臭を発するもの。
    4. 許可証のない鉄砲、刀剣類。
    5. 著しく多量な物品。
    6. 音響機器や楽器など、大きな音が出るもの。
    7. その他法令で所持を禁じられているもの。
  2. コテージ内で、とばくや風紀、治安を乱すような行為、高声、放歌、楽器演奏行為など、他のお客様の迷惑になったり嫌悪感を与えるような行為はしないでください。
  3. 刺青、タトゥーのある方は大浴場を利用できません。また、敷地内の諸施設内外を問わず、他のお客様に嫌悪感を与えるような行為となる肌の露出はしないでください。
  4. 宿泊登録者以外の客室のご使用は堅くお断りいたします。 そのような行為が認められた場合は超過料金を請求いたします。
  5. 客室やロビーでの営業行為、また事務所など、宿泊以外の目的に使用しないでください。
  6. コテージおよび敷地内で広告、宣伝物を配布、貼付したり、物品の販売等をしないでください。
  7. コテージおよび敷地内の諸施設、備品を所定の場所、用途以外に、また現状を著しく変更して利用しないでください。
  8. コテージおよび敷地内で、許可なく商業目的および他のお客さまに迷惑がかかるような写真撮影などはしないでください。
  9. 敷地内での車中泊はしないでください。また、宿泊の有無に関わらず、テントの設営はしないでください。
  10. 未成年者のみのご宿泊は、特に保護者の許可がない限りお断りいたします。
  11. 不可抗力以外の事由により、建造物、備品、その他コテージの物品を損傷、汚染あるいは紛失させた場合、相当額を弁償していただくことがございます。

体験施設やお買い物ができる楽しい施設も充実

コテージとゲストハウス 開閉式展望温泉 レストラン「カミリア」
白神ガラス工房「HOO(フー)」 物産館「コロボックル」 カブトムシ型昆虫館 縁結びのシンボル「モヤイ像」 貸し出し可能イベントステージ 展望モノレール/白神展望台
施設一覧一覧を見る
ウェスパ椿山 日帰りプラン 最大8時間ステイ メールお電話にてお気軽にお問い合わせください。青森県深浦町宿泊施設ウェスパ椿山へのお問い合わせ電話番号0173-75-9221
コテージ丸ごと1棟貸しプラン コテージ丸ごと1棟貸しプラン
プラン詳細を見る

青森県深浦町の観光・旅行にウェスパ椿山

日本海でとれた地魚を使用した海鮮料理 youshoku

全ての写真を見る

アクセス方法を見る

青森県深浦町の宿泊施設 ウェスパ椿山

住所
〒038-2327
青森県西津軽郡深浦町舮作鍋石226-1
電話
0173-75-2261
FAX
0173-75-2812
メール
メールフォーム

おすすめポイント!選ばれる理由

最寄駅
ウエスパ椿山駅
駐車場
250台完備
素泊り
4000円~可能
お風呂
天然かけ流し温泉
日本海が一望できる
お料理
地元の新鮮な海山物
レンタカー
配車・引取り可能!
その他
体験施設も充実
ロケーション・特徴はこちら
つるつるわかめの製造販売

株式会社ふかうら開発は「つるつるわかめ」の製造販売部門の水産加工事業、観光施設「ウェスパ椿山」の管理運営などの観光事業を展開しております。

つるつるわかめもふかうら雪にんじんも買える!ゴルフ・野球・テニスも楽しめる津軽・西海岸
こっちでは不便が楽しい fuben(ヒューベン) JR東日本秋田支社 弘南バス鰺ヶ沢館内 楽天トラベル深浦特集 JRで行くおトクなツアー お申し込みはこちらから 世界遺産 白神山地の体験プログラム予約サイト 白神カレンダー
ページ上部へ戻る
Copyright © 2012-2017 青森県深浦町リゾート宿泊施設 ウェスパ椿山 . All rights reserved.
TODAY:YESTERDAY:TOTAL: